マッチメイクとランキングに関するアップデート

2017年6月20日

プレイヤーの皆様

 

ここ数週間、上位プレイヤーの皆様から、『グウェント』のマッチメイクに関する問題のご報告を多数いただきました。つきましては、ランキングの順位に関わらず、同じ力量の対戦相手と正しくマッチングが行われるようにするため、マッチメイクシステムにいくつかの変更を加えました。

 

それらの変更は、既にライブ環境に反映されています。これによって、対戦相手の検索がより高速に、かつより適切に行われます。また、各試合で得られるランクポイントも、対戦相手の力量に応じてより適切な値が得られるよう調整いたしました。また、あわせて上位ランク獲得に必要なランクポイントの量を調整したことも、ご報告いたします(これにより順位が不当に変更されることはありません)。

 

この変更は上位プレイヤーの皆様にしか影響しませんが、将来的なランキングの健全性の強化につながり、また皆様が『グウェント』でより高みを目指す上で有益な変更であると考えています。

 

グウェント開発チーム


『グウェント ウィッチャーカードゲーム』アップデート配信開始

2017年6月20日

PlayStation 4・Xbox One・PC『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のアップデートの配信を開始したことをお知らせいたします。


このアップデートでは、ゲームバランスの改善と、ゲームプレイに影響する不具合の修正、ならびにコモン・レアカードを粉砕することによって得られる紙片の量の調整が行われます。次に示す下方修正の対象カードは、6/13(火)から5日間、期間限定の補填対象となり、粉砕時に得られる紙片の量が増加します(ただし、プレミアムバージョンを粉砕しても星の粉は手に入りませんので、ご注意ください):

  • イスリン
  • ブロクヴァル一族の狩人
  • ヴィコヴァロの低級魔道士
  • インペリアル・ゴーレム
  • スコイア=テルの新顔
  • ヴィコヴァロ軍の衛生兵
  • ティボル・エッゲブラフト
  • 火のエレメンタル
  • ドル・ブラサンナの守護者
  • 干ばつ
  • マハカムの守衛
  • 女王近衛兵
  • ピーター・ザール・グィンリーヴ
  • カイラン
  • バークレー・エルス
  • ローチ
  • ラグ・ナ・ログ
  • 獰猛な熊
  • 禁衛旅団の重装弓兵
  • シリ
  • ワイバーン
  • クリンフリッド団の狩人
  • セライノ・ハーピー
  • カヒル
  • レインファーン
  • ヴィレントレテンマース

パッチノートの全文は以下のとおりです:


北方諸国

  • 《ケイドウェン軍の兵士長》に「搭乗1」を追加
  • 《ケイドウェン軍の兵士長》が「不忠」ユニットをブーストしないよう仕様変更
  • 《ジョン・ナタリス》の戦力値を10から8に変更
  • 《ジョン・ナタリス》が影響したユニット1体ごとにベースダウンを受けないよう仕様変更
  • 《フォルテスト》の戦力値を4から5に変更
  • 《フォルテスト》が「不忠」ユニットをブーストしないよう仕様変更
  • 《強化バリスタ》の戦力値を4から6に変更
  • 《レダニア軍の騎士》の戦力値を5から6に変更
  • 《強化攻城塔》の戦力値を5から6に変更
  • 《ヴェス》の戦力値を6から7に変更
  • 《血まみれ男爵》の戦力値を4から6に変更
  • 《ディクストラ》の戦力値を4から3に変更
  • 《刺青隊の斥候》に「搭乗1」を追加
  • 《プリシラ》がデッキの一番下ではなく、無作為にデッキに戻るよう仕様変更
  • 《クリンフリッド団の狩人》が墓地の同名カードにボーナスを与えないよう仕様変更
  • 《クリンフリッド団の狩人》の戦力値を6から4に変更
  • 《ザラー》のアビリティで必ず対象を選択しなければならないよう仕様変更
  • 《ケイドウェン軍の兵士長》をどの列にでも配置できるよう仕様変更
  • 《パヴェッタ》の戦力値を5から7に変更
  • 《アレトゥーザの魔道士》の戦力値を3から4に変更
  • 《ラドヴィッド》の戦力値を3から4に変更
  • 《ラドヴィッド》が封印と解除の両方を行えるよう仕様変更
  • 《オードリン》の戦力値を4から5に変更
  • 《ダン・バナー隊の重騎兵》の戦力値を2から3に変更

モンスター

  • 《グリフィン》から「勇敢」アビリティを削除
  • 《グリフィン》の戦力値を6から8に変更
  • 《ネッカー》の戦力値を2から3に変更
  • 《アラキス・ベヒモス》の戦力値を5から6に変更
  • 《ヴラン・ウォリアー》の戦力値を4から5に変更
  • 《カタカン》の戦力値を4から5に変更
  • 《影》の戦力値を6から7に変更
  • 「捕食」によって発動するアビリティが、《ウォーター・ハグ》によって誤って発動してしまう不具合を修正
  • 《カイラン》の戦力値を10から8に変更
  • 《見えざる者》の戦力値を4から5に変更
  • 《ゴウンター・オーディム》の賭けが引分に終わった際、両者がカードをドローするよう仕様変更
  • 《ニスラル》のアビリティが敵陣に発生する「霜」のみを強化するよう仕様変更
  • 《フライテナー》がユニット2体を無作為に移動させるのではなく、ユニット1体を同じ列(敵陣側)に移動させるよう仕様変更
  • 《フォグレット》が盤面から「霧」が完全になくなった際に破壊されるよう仕様変更
  • 《ドラウグ》がアーマーを無視してダメージを与えるよう仕様変更
  • 《火のエレメンタル》から「勇敢」アビリティを削除
  • 《ダゴン》の戦力値を7から6に変更
  • 《ワイバーン》から「勇敢」アビリティを削除
  • 《ワイバーン》によるダメージを2から3に変更
  • 《セライノ・ハーピー》の戦力値を5から4に変更

スコイア=テル

  • 《ドル・ブラサンナの守護者》がゴールドカードによってはブーストを受けないよう仕様変更
  • 《ドル・ブラサンナの守護者》の戦力値を4から2に変更
  • 《ヴリヘッド旅団の士官》の戦力値を5から6に変更
  • 《ヴリヘッド旅団の工作兵》の戦力値を6から7に変更
  • 《エレヤス》の戦力値を8から9に変更
  • 《サエセンテ》の戦力値を6から7に変更
  • 《イスリン》の戦力値を2から4に変更
  • 《フランチェスカ》の戦力値を4から6に変更
  • 《ヴリヘッド旅団の竜騎兵》が手札にある「不忠」ユニットをブーストしないよう仕様変更
  • 《ドワーフの傭兵》が敵対するユニットを移動できるよう仕様変更(ただし、ブーストはしない)
  • 《スコイア=テルの新顔》からアーマーを削除
  • 《ハヴカーの支援》から「エルフ」タグを削除
  • 《マハカムの守衛》による「ドワーフ」へのブースト値を5から4に変更
  • 《バークレー・エルス》がゴールドの「ドワーフ」をプレイしないよう仕様変更
  • 《スコイア=テルの新顔》の戦力値を6から7に変更
  • 《ドル・ブラサンナの罠師》の戦力値を4から5に変更
  • 《モレン》の戦力値を5から6に変更
  • 《ヴリヘッド旅団の士官》の戦力値を5から7に変更
  • 《ミルヴァ》の戦力値を8から9に変更
  • 《ヴリヘッド旅団》の戦力値を4から6に変更
  • 《ヴリヘッド旅団の先鋒》の戦力値を3から4に変更
  • 《青色山脈のゲリラ兵》の戦力値を2から3に変更
ニルフガード
  • 《フリンギラ・ヴィゴ》の密偵状態時の戦力値を1に変更
  • 《ジョン・カルヴェイト》の戦力値を4から3に変更
  • 《ジョン・カルヴェイト》のアビリティが、《インペリアル・ゴーレム》が盤面に出る前に発動するよう仕様変更
  • 《カヒル》の戦力値を5から4に変更
  • 《レインファーン》の戦力値を6から4に変更
  • 《インペリアル・ゴーレム》の戦力値を3から2に変更
  • 《ヴィコヴァロの低級魔道士》の戦力値を3から1に変更
  • 《エムヒル・ヴァル・エムレイス》の戦力値を3から4に変更
  • 《ピーター・ザール・グィンリーヴ》の戦力値を6から4に変更
  • 《ヴィコヴァロ軍の衛生兵》に「破滅」タグを追加
  • 《ティボル・エッゲブラフト》の戦力値を10から8に変更
  • 《死体投射機》の戦力値を5から6に変更
  • 《禁衛旅団の重装弓兵》の対象が、デッキの一番上にあるユニットではなく、一番上にあるカード全般となるよう仕様変更

スケリッジ

  • 《ドナール・アン・ヒンダー》に「古参兵」アビリティを追加
  • 《ドナール・アン・ヒンダー》の戦力値を5から6に変更
  • 《アン・クライト一族の鯨波兵》が、影響したユニット1体につき2ではなく1ベースダウンするよう仕様変更
  • 《狂戦士の賊徒》の戦力値を5から6に変更
  • 《アン・クライト一族の戦士》の戦力値を8から9に変更
  • 《ジュッタ・アン・ディムン》の戦力値を11から12に変更
  • 《ブロクヴァル一族の狩人》から「古参兵」アビリティを削除
  • 《ブロクヴァル一族の狩人》に「退行」タグを追加
  • 《獰猛な熊》の戦力値を4から6に変更
  • 《獰猛な熊》のアビリティが、影響するユニットの「配備」アビリティよりも後に発動するよう仕様変更
  • 《女王近衛兵》から「古参兵」アビリティを削除
  • 《ドレイグ・ボン=ドウ》によって、必ずしも対象を選択しなくともよくなるよう仕様変更
  • 《ヤルマール》が《アンドヴィクの主》を対面の列の左端に生成するよう仕様変更
  • 《ウダルリック》のアビリティで必ず対象を選択しなければならないよう仕様変更
  • 《獰猛な熊》が戦力値0の状態で敵にダメージを与えないよう修正
  • 《戦闘用ロングシップ》の戦力値を5から6に変更
  • 《ディムン一族の海賊長》の戦力値を4から5に変更
  • 《女王近衛兵》の戦力値を3から4に変更
  • 《カンビ》の戦力値を3から1に変更
  • 《ヘムダール》の戦力値を12から11に変更
  • 《ブラン王》の戦力値を3から4に変更
  • 《スヴァンリッジ》の戦力値を5から6に変更

ニュートラル/全般

  • 《物乞いの王》に「退行」タグを追加
  • 「チャレンジ」モードでのNPCデッキの調整
  • 《干ばつ》によるダメージを3から2に変更
  • 《ラグ・ナ・ログ》によるダメージを3から2に変更
  • 《耐性強化》に「スペシャル」タグを追加
  • 《過剰摂取》に「スペシャル」タグを追加
  • 《ローチ》の戦力値を5から4に変更
  • 《ローチ》のアビリティ発動条件を、手札からゴールドユニットをプレイしたときに限定
  • 《シリ》の戦力値を7から5に変更
  • 《サラ》の戦力値を7から8に変更
  • 《ジョニー》の戦力値を5から7に変更
  • 《ヴェセミル》の戦力値を6から7に変更
  • 《ヴィレントレテンマース》の戦力値を6から4に変更

ゲーム修正

  • 《ニスラル》のアーマーが正しい数値を表示していない不具合の修正(2ではなく3)
  • 《ヴリヘッド旅団》のアビリティテキストが実際の挙動と一致していない不具合の修正
  • 敵陣に配置できるユニット(《ガレットのレソ》など)を近接列にしか置けない不具合の修正
    ⇒正常に修正できていないことが判明したため、再度修正対応中
  • 《シェルドン・スカッグス》のアビリティによって、テキスト通りベースアップではなくブーストを受けるよう修正
  • 《ドワーフの散兵》のアビリティテキストが実際の挙動と一致していない不具合の修正
  • 《ヴィコヴァロの低級魔道士》によって《大使》のアビリティを発動させた際、10ではなく12のブーストを与える不具合を修正
  • 「カード生成」のチュートリアルをリプレイした際、星の粉を意図せず消費してしまう不具合を修正
  • 《ブロクヴァル一族の射手》を4体粉砕した際に発生する問題を修正
  • 《ブラン王》の対象カード選択画面にて、破棄するカードの枚数表示が誤っている不具合の修正
  • 「チャレンジ」モードにて、《アンドヴィクの主》がダゴンのデッキに含まれている問題を修正
  • 家庭用ゲーム機版において、初回起動する前に本体言語を変更すると、ゲームを正常に起動できなくなることがある不具合を修正
  • 「チャレンジ」モードにて、ブラン王とダゴンのステージを正常にプレイできるよう修正
  • 《ディアラン旅団の歩兵》が《モレン》や《獰猛な熊》によって破壊された際、カードをドローできない不具合を修正
  • 起動時に「サービスが中断されました。接続状況を確認してください。」というメッセージが表示される問題を修正
  • 粉砕するカードがないにも関わらず、粉砕によって得られる資源の量が表示される不具合を修正
  • 《アシーレ・ヴァル・アナヒッド》と《ネネッケ》の対象カード選択画面において、表示されるメッセージに誤りがある問題を修正
  • カードが正常に表示されず、透明になる問題を修正
  • トリオカードをアップグレードする際、左から1枚目のバージョンしかアップグレードできない問題を修正
  • マルチプレイにおいて、「非同期状態の検出」を引き起こす問題を修正
  • ゲーム内とGOGの両方で言語設定を変更する必要がある問題を修正
  • ラウンド2以降にゲームが進行しなくなることがある問題を修正
  • アビリティテキストに関連したさまざまな修正と改善
  • ゲームプレイに関わる、さまざまな不具合の修正と調整
  • コモン/レア粉砕時の獲得紙片アップ
  • カード粉砕時に得られる獲得紙片の量を変更:
    コモン - 紙片x10
    プレミアムコモン - 紙片x10
    レア - 紙片x20
    プレミアムレア - 紙片x20

  • 購入タルごとの紙片付与
    今回のパッチ配信前にリアルマネーで購入され、かつ開封されたタル1つにつき紙片x30を付与

6/14 8pmよりNGCプレゼンツ生放送

2017年6月8日

『グウェント』(PlayStation 4・Xbox One・PC)の国内向けの生放送を実施いたします。

NGCプレゼンツ『グウェント ウィッチャーカードゲーム』生放送
【放送日時】
2017年6月14日(水)20:00~

【放送内容】
前半は、近日配信予定のアップデート内容を紹介。後半では、ゲームタレント「えどさん”」と特別ゲストのフジケン氏(@fujiken_UTG)が、交互に視聴者と対戦するオンライン対戦会を実施。対戦を希望される場合は、GOG Galaxyで『GwentPromo』までフレンド申請を!

※放送時間に限りがありますので、フレンド申請者全員と対戦するわけではありません
※オンライン対戦会はPC版限定となります

【出演者】
えどさん”(えどさん“&ふみいち)
フジケン(藤田憲一)グウェント アジアランキング89位 ※6/8現在
・CD PROJEKT RED 本間覚

【番組ページ】

『グウェント』パブリックベータ配信開始!

2017年5月24日

基本無料対戦型カードゲームPlayStation®4/Xbox One/PC『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のパブリックベータを日本国内で2017年5月24日(水)より開始したことをお知らせいたします。

PC版は公式サイトより直接ダウンロードでき、家庭用ゲーム機版の場合はPlayStation StoreおよびXboxストアからゲームをダウンロードできます。

「パブリックベータは『グウェント』のとても重要なステップです。このフェーズでは、誰でもゲームのプレイが可能です。クローズドベータから比べると、新しいアニメーションバージョンのカードや、新しいスターターデッキ、新しい天候カードのシステムなど、たくさんの要素を追加したり、変更したりしました。また、クローズドベータを通じて私たちは皆さまとゲームを作り上げてきました。今後も、引き続き皆様のフィードバックをお送りください。私たちは常に皆様の声に耳を傾けています。」
― CD PROJEKT RED 共同設立者、Marcin Iwiński

各勢力紹介映像

5/21・5/27に国内向け生放送を配信

2017年5月24日

『グウェント』(PlayStation 4・Xbox One・PC)のパブリックベータを2017年5月24日(水)より開始することを記念し、国内向けの生放送を実施いたします。

①NGCプレゼンツ『グウェント ウィッチャーカードゲーム』配信直前生放送
【放送日時】
2017年5月21日(日)21:00~

【放送内容】
ゲームタレント「えどさん”」と、CD PROJEKT RED 本間覚が、本邦初公開となる日本語版をプレイしながら、ゲームについて紹介。既に海外版で名を馳せている謎のゲストも登場?

【出演者】
えどさん”(えどさん“&ふみいち)
・特別ゲスト(グウェント アジア上位ランクプレイヤー)
・CD PROJEKT RED 本間覚

【番組ページ】

②公式『グウェント ウィッチャーカードゲーム』生放送
【放送日時】
2017年5月27日(土)19:00~

【放送内容】
対戦型カードゲームのプロプレイヤーとして有名な「Lifecoach」氏を海外よりゲストとして迎え、ウィッチャーに詳しい「おついち」氏と共に『グウェント』の魅力に迫る。「Lifecoach」氏による『グウェント』解説は必見。番組中には豪華プレゼントが当たるキャンペーンも。

【出演者】
プロのポーカープレイヤーとして数々の実績を残し、対戦型カードゲームのプロシーンにおいても名声を轟かせる Adrian "Lifecoach" Koy。5月13日に行われた初のグウェント公式大会「GWENT Challenger」では、見事優勝を収めた。
おついち(TEAM-2BRO.)
兄者弟者の『TEAM-2BRO.』所属のYouTuber。『ウィッチャー3』YouTube実況動画パート1は120万再生を記録。ウィッチャー愛が深く、2016年にはイタリアで行われたCD PROJEKT RED主催のイベントにも招待された。
・yumatsui(MC)
・CD PROJEKT RED 本間覚、Rafal Jaki

【番組ページ】
CD PROJEKT RED JAPAN チャンネル

日本語版パブリックベータ5/24より配信開始

2017年5月24日

海外で実施されている「クローズドベータ」が2017年5月22日(月)に終了し、『グウェント』は2017年5月24日(水)より全世界で「パブリックベータ」期間に移行します。日本語版は、この「パブリックベータ」より、PlayStation Store、Xbox ストア、GOG.COMにて配信開始となります。パブリックベータ期間中も、正式リリースと同じように各種有料コンテンツをご購入いただけます。

【配信時間(日本時間)】
プラットフォーム間でサービス開始時間に誤差が生じる予定です。以下はあくまで目安となり、前後する場合があります。

PlayStation 4・Xbox One:5月24日(水)正午以降予定
PlayStation 4・Xbox One:5月24日(水)夜
PC:5月24日(水) 夜

※PC版は公式ウェブサイトにて、クライアントのダウンロードページが追加されます。

【クローズドベータをプレイされている場合】
既に日本語以外の言語でクローズドベータをプレイされている場合、パブリックベータ移行時に、カードコレクションとプレイデータを一度初期化(ワイプ)いたしますので、予めご了承ください。初期化に応じて、以下の補填をさせていただきます:

・リアルマネーで購入したカードタルに等しい数のカードタル
・プレイヤーレベルに応じたカードタル:レベル5以上より、5レベルごとにカードタル2個を提供
・ランクに応じたカードタル:1ランクごとに2個のタルを提供
・クローズドベータシーズンリワード
・期間中にCD PRJOJEKT REDよりギフトとして贈られたアイテム(ギフトプレミアムゲラルトカードなど)

ゲームやベータについての詳細は、FAQページをご覧ください。
パブリックベータの稼働状況についてはTwitterにて最新情報を告知します。

GWENT Challenger - ビハインド・ザ・シーン映像

2017年5月24日

初の公式大会「GWENT Challenger」の勝利者たちによる大会へのインプレッションと、大会のハイライトシーンを紹介!

映像はこちらからご覧いただけます。

大会の勝利者と獲得賞金は以下のとおり:

Adrian “Lifecoach” Koy — $60,000
Kacem “Noxious” Khilaji — $20,000
Peter “ppd” Dager — $10,000
Mikhail “Fion56” Yastrebov — $10,000

大会全体の映像は、こちらからご覧いただけます(英語のみ)。

5/24の日本語版配信時間について

2017年5月23日

2017年5月24日(水)よりPlayStation Store、Xbox ストア、GOG.COMにて配信開始となる『グウェント ウィッチャーカードゲーム』の配信時間につきまして、全世界でのサーバー対応の都合上、全プラットフォームにおいて、日本時間の夜から配信開始となる旨、告知いたします。

【配信時間(日本時間)】
プラットフォーム間でサービス開始時間に誤差が生じる予定です。以下はあくまで目安となり、前後する場合があります。

PlayStation 4・Xbox One:5月24日(水)夜
PC:5月24日(水) 夜

パブリックベータの稼働状況についてはTwitterにて最新情報を告知します。

日本語版パブリックベータ決定

2017年5月18日

PlayStation 4・Xbox One・PC向け『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のパブリックベータを日本国内で実施することが決定しました。パブリックベータ開始日は、近日告知予定です。

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』とは
本作は、『ウィッチャー3 ワイルドハント』のゲーム内ミニゲームとして好評を博した「グウェント」のスタンドアロン版となる、基本無料の対戦型カードゲーム。デッキに組み込むカードの強弱だけではなく、心理的な駆け引きが勝敗に大きく影響するルールを採用。プレイヤーは一試合最大3ラウンドを戦う。さまざまな能力を持つユニットや呪文を使いこなし、相手の裏をかいて栄冠を勝ち取れ。

【パブリックベータ】
現在海外で実施されている「クローズドベータ」が終了すると、『グウェント』は全世界で「パブリックベータ」期間に移行します。日本語版は、この「パブリックベータ」より、PlayStation Store、Xboxストア、GOG.comにて配信開始となります。パブリックベータ期間中も、正式リリースと同じように各種有料コンテンツをご購入いただけます。

【ソーシャルチャンネル】

最後のカードは、キミだ。

無料でプレイ

PlayStation 4 / Xbox One / PCで配信予定

本作はアイテム課金型の基本無料ゲームです